富山 地方 鉄道 車両。 なぜ富山の鉄道は発展を続けるのか 「鉄道王国」といわれる理由

👍 富山地方鉄道では他の地方私鉄に比べても電動車の比率が多くなっているが、これは岩峅寺-立山間、電鉄黒部-宇奈月温泉間の長い急勾配の電動機に対する負荷を軽減するため、オール電動車の編成が多くなっている。

7

🚀 車両は2006年(平成20年)に開業した富山ライトレールや富山県のと全く同型同規格の社製2車体LRV()であるが、富山ライトレールのレインボーカラー7色の車体色とは対照的な白・銀・黒のモノトーンを採用。

10

🤲 以降1946年1月まで上市方面からの列車は東新庄駅での折り返し運転となる。 本郷町五区-南富山駅前-富山市民病院口-旅篭町-富山大学前-呉羽-国際大付属高校• - 陸軍病院前停留場新設、衛戍病院前停留場を西富山口停留場に改称。

13

😩稲荷町駅、寺田駅で撮影 電鉄富山駅から立山行に乗車したものの、稲荷町で留置されている10020形を発見したため早くも下車します。 1913年から2020年までの変遷図 開業から最盛期 [ ] (2年)に、同日から開催された本会場(現在の敷地 )への交通手段として開業した。 1949年(昭和24年)に電装されてモハ7510形となり、1969年(昭和44年)に廃車された。

🤟 これは古い車両の新デザインです。

😈 停留場名 駅間キロ 累計キロ 備考・駅周辺 C18 丸の内停留場 - 0. 元西武鉄道5000系。

15

✋ モハ10050形(元富山県営鉄道デニハ5形・デハ6形) 富山県営鉄道が発注し、1937年(昭和12年)に運用を開始したクロスシート車、汽車会社製のデニハ5形、日本車輛製のデハ6形 で、1949年(昭和24年)の一斉改番で10050形モハ10055・10056となった。

5

🤝 毎日運行に戻る。 1976年(昭和51年)頃 - 工業高校前停留場廃止。

16