ハーメルン の 笛吹 き 男 実話。 「ハーメルンの笛吹き男」は実話だった⁉子どもたちはどこに消えたのか考察

🤩 劇中で起こる児童連続誘拐事件を、ハーメルンの笛吹き男に準えて「ハーメルン事件」と称している。 『』 - てんとう虫コミックス41巻「ハメルンチャルメラ」に同名の道具として登場。 当時貧困による子供の売買は珍しい話ではなかったので 笛吹男=人買い(移住斡旋者)の象徴で、2度と会えない我が子を手放した親の後悔の念が「ハーメルンの笛吹男」の話を創り上げたのではないか?とも言われています。

20

🌭 これは同じドイツのハーメルンで起こった事件だ。 笛吹き男の物語は日付を違えた形で、の1621年の著作『』 The Anatomy of Melancholy でもの一例として紹介された。

💢 ノースマイア地方のダンジョン「誘惑の町ハーメルン」に、笛の音を使って、人を操ったりネズミを呼び出してプレイヤーに攻撃するボス「ピーター・ザ・パイパー」が登場。 移民説には証拠があります。

👊 そうして丘の天辺まで来ると、彼らはまるで裂け目に飲まれたかのように忽然と姿を消してしまったのである。

🤘 同じくヨーロッパでも「住んでいる場所の子」とする風習がありました。 笛吹き男が笛を吹きながら、通りを歩くと家から子供たちが次々出てきて男のあとをついてゆきました。

🖕 桜沢正勝・訳『グリム ドイツ伝説集 上 』人文書院、1987年、P. 「見よ,やがて来たるべき者が勝利を得た。 リューネブルク写本は現存する最古の記録であると考えられる。

5

☮ まだら模様の服に身を包んだひとりの男が、ハーメルンの街にやってきました。

3

🤣 しかし、ハンチントン舞踏病は大人になってからの発症率が高いことや、遺伝性の病気で、街の子どもたち130人が全員この病気にかかっていたという説は無理があるような気がします。 そして、事件から700年後、この『ハーメルンの笛吹き』が実話だということ、そして、その真相を解き明かしたのは、ある日本人だったんですね。

7