上野 翔太郎。 上野翔太郎はドラフト評価が高くても大学進学。進路先で彼女を作らないか心配

👌 卒業後は法政大に進学し今年は大学ラストイヤーを迎えた。 そして迎えた2回戦、駒大の大倉孝一監督は秋のリーグ戦でリリーフを務めてきた上野を先発マウンドに送った。 「信頼あっての起用。

17

😊 試合後に上野のもとに駆け寄り、「ナイスピッチング」と声をかけたが、上野は泣き崩れていた。

☢ 変化球はカット、カーブ、スプリット、ツーシーム。 甲子園閉幕後に行われたU-18高校日本代表のでは、18イニングを投げて無失点だった。

7

🚀 神宮のスタンドに向かって、最後のガッツポーズ レギュラーには3年生以下の選手が多い。

11

☘ 直球に最も自信があり「150キロは出したい」と言う。 そんな思いで運営しています。 駒澤大も戦力的には来季の飛躍が期待できるチームと言えるだろう。

😁 しかし、チームメートの長嶋が九回、値千金のサヨナラ本塁打で幕は閉じた。 チームとしては鈴木に軍配が上がった。

7

😃 今シーズンから強豪トヨタ自動車に進む。 代わってすぐの6回、2死満塁を招いたが「点差もあった」と落ち着いて後続を断った。 3年間は出場機会に恵まれなかったが、最終学年で4番・一塁を務めた。

14

🙃 一番の武器は、 球速以上にノビのあるストレート。

🤭 これで来季ダメなら監督がポンコツということです」と1部残留を決め、来季を見据えていた。