ドラゴン イラスト。 リアリティと自由な発想の融合!ドラゴンの描き方

☏ また、 ドラゴンを描く際はいきなり鱗を少しずつ描いて埋めていくよりも 一度鱗のない状態のドラゴンを描いて、そこに着せていくようなイメージのほうが想像したシルエットを反映しやすいでしょう。 架空の生物なので結構好きにやって問題無いと思います(目を沢山とか鼻は無いとか) 体はトカゲを立てたイメージで描いて見ます。 次はこれらの資料を説得力のあるクリーチャー・デザインへと落とし込んでいきましょう。

👀 現実の動物の姿を頭に思い浮かべ続けながら、ドラゴンを組み立てましょう。

12

😜 ですがドラゴンは馬より何倍も大きい事が予想されるため、その体重はゆうに1tを越えるでしょう。

🤭 あらゆる種類の爬虫類をです。 、 ドラゴンの異名を持つ/名を冠するもの 竜の息子 ドラゴンをモチーフとしたキャラクター 非常に膨大な数となる為、当記事では割愛とする。

14

⚛ また聖人伝説集『』によっての伝説が広まり、後の勇者が竜を退治する物語類型へとつながっていった。

7

💓 また、 口周りの構造は食性に直結するため上顎は分厚く力強い、肉食の竜に相応しいものにしています。

🤐 - フレーム対応していないブラウザ・携帯をお使いの方は、大変申し訳ありませんが正しく表示できませんのでフレーム対応の環境でまたのごアクセスをお待ちしております。 今回はそんな「ドラゴン」を描いてみようと思います。

4