しめすへんに過。 禍と過と渦って

⌛ コロナ禍の意味は? コロナ禍の意味は、表外読みで表される『わざわい』や『さいなん』という意味になります。 具体的には昼から夜へと移り変わる、黄昏(たそがれ)の時間帯です。

4

🤣 これは 「不吉だ」「嫌なことが起こりそうな予感がする」など、マイナスな意味で使われます。

😄 時代劇などにでてくる、家紋(かもん)は各家の紋章のことをいいますので、読み方は同じですが、意味は違うので、使い方には注意ですね。 上記の漢字と間違えて 「コロナなべ」「コロナうず」「コロナか」等と読んでいる人は多そうな感じがします。

19

😩 「コロナ渦」を使う理由は 「誤り」もしくは「新語?」等と指摘する意見も・・・ 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。

☣ 堝(るつぼ) 音読みでカ 訓読みでルツボとなります。

2

☏ にんべん、さんずい、きへん、いとへん、ごんべん、うかんむり、あなかんむり、てへん、こころ、しんにょう、くさかんむり、しめすへん、ころもへん、たけかんむり まぎらわしい部首に関してまとめたページもあります。 でんでん虫のことですね。

18

♥ 使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に 帰属しております。 「音読み」では「カ」 と読みます。

⚑ しかし、過にはネガティブな意味も包容する漢字だったのです。

🎇 しかし、強か=したたかと読ませることができて、これを表外読みといいます。

13