ストウブ 焦げ。 ストウブ(STAUB)を使えばいつもの料理が美味しくなる!魅力やレシピを紹介

☯ ストウブのエマイユ加工は独特の風合いが魅力でもあり、特に黒マットエマイユは汚れが目立ちにくい点もメリットです。 私の大切な相棒・ストウブの外側はとても汚れています。

7

😚 きちんとシーズニングをしていても、焦げつきは避けられません。

19

☎ でも、[1]の画像に比べると焦げがふやけてきているのが分かる。 フタを少しずらして中火にかけて、沸騰してきたらフタを閉めて弱火で10分弱。 これらの材料を入れて10分程度再び蒸します。

6

☏ まるでうずら卵の殻みたい。

16

☝ その方法は、ズバリ「重曹(じゅうそう)」。 絶対にとれないと思ってた汚れが、鍋の中に入ってた部分だけは、ツルンとしたもとのストウブの色合いに戻りました! うれしーい! 深い鍋があれば深い鍋にどっぷりと浸からせたほうが良さそうです。

6

😇 しくじった! これも日頃「大さじなんて投げ捨てろ」と言って目分量で料理をしているからですね。 シーズニングは「ならし」とも言われ、油をなじませることで鍋を長持ちさせることができます。

20

🤩 入り切らなかった舞茸はバター炒めにして別添えにしました。

19

🎇 念には念を。 スチール製のたわしなどで、力を入れてこすり落とすようなことは避けてください。