世論 読み方。 世論(せろん)と読む。 (よろん)は誤り。NHKが犯人?

👣 佐藤卓己『メディア社会-現代を読み解く視点』113頁-114頁 (、2006年)• 【補足】 『言葉に関する問答集』 文化庁編集 --「世論」は「よろん」か「せろん」か--より抜粋・要約. これには同義と異義の二つが含まれる。

6

🤣 23件のビュー• フランスではやが、同様に自由な言論の場となった。 どの言葉についても世論と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 それを漢字の数を減らすために「輿」を「世」に変えて、「世論」としたのです。

1

🤫 変化を認めるかどうかはともかく,昭和以前の文学を読む際などには,この用法を知っておく必要はあるでしょう。 54件のビュー• 「世論」については、もともと「輿論(よろん)」という言葉が用いられていましたが、「輿(字義には多 説あり)」の字が当用漢字(そして常用漢字)に入らなかったため、戦後、その書き換えとして「民論」 「公論」「世論」などが使われ、次第に「世論」だけが使われるようになりました。

17

⚛ 編集部が選ぶ関連記事• ひいては政治の腐敗、道義の低下を助長するのである」と語っている。 スポンサーリンク. 次の章で世論の意味と類義語について解説していきます。 「せろん」「よろん」読み方の由来と違い この言葉の由来をひも解くと、2種類の読み方ふがある理由と違いが見えてきます。

1

♻ 今回の調査では約8割以上の方が「世論」を「よろん」と読むと回答されていました。 133件のビュー• 「重複」 伝統的に「ちょうふく」と読んできたことは事実です。 たとえば,「他人事」の「たにんごと」の読みなどは,一定の判断を示してもいいように思われます。

9

🤣 ちなみに辞書で調べてみると 【世論(よろん)】 ある社会集団の中で、成員一般に関する問題についてある程度の意見の一致を経て表明され,多数がそれを標準的と認めている顕在的意見。

8