ショタ bl アーカイブ。 BL小説マニアック館

😊 次に目が覚めた時は、もうあの廃墟の中にいて 全裸で拘束されていました。 潮吹き、拘束、鬼畜、背徳など。

14

🙌 」 俺に他の選択肢はなかった。

⚡ 男は俺の中からズルっ とそれを抜くと、横の壁に貼ってある中出し回数の紙の正の字に一つ足すとズボンを履いてもう用は済んだとばかりに無言で出て行った。 コメント数:• 「ああぁぁくるし、ああなんか、出て、る・・・ああ」 体制を変えてから犬のちんちんが中で膨張して 射精をしているらしかった。

20

💔 男「ああ、いきそ. 時計もないこの狭い部屋で1日に3回ほどシャワーを浴びさせてもらえるのと食事の時以外はここで過ごす。 丁度替えが必要だったんだ」 「替え? 女の子の替えですか? 」 男「お!察しが良くて助かるね」 「僕は男ですよ!」 男「そんなことはわかっているよ。 男「目が覚めたか」 「・・・・・。

4

🙌 男「今日はこれで終わりだよ。

18

❤️ 露骨な過激描写有。 死んでも死に切れぬ程快感に溺れてしまう男と男の話の詰め物。 その代わり放課後は毎日ここに来るんだ。

⚛ コメント数:• 「あああっ!!」 初めてで、しかもお尻の穴なのに全身に電気が走った様な快感が走る。 」 「いつまでですか・・・・」 男「君の様に、ここを覗き込んで毎日ここに来る様になる変態な子供が現れたときかなw」 男はそういうと俺の拘束を解く。

👋 俺はそれを必死でこらえながらイラマチオでガンガンついてくる男2のそれにしたを這わせる。 横から男に何か言われながら、女の子はすごく喘いでいました。 慰安兵といえば確かに俺も聞いたことがある。

15

🐾 建物はボロボロで窓も一つしかないようだったので 唯一のその窓からこっそり覗き込むと 中には、首輪をつけられ真っ裸で拘束されている僕より少し年上に見える女の子が 牛に犯されているのが見えました。 体を休めることもなくトレーニングをしていた俺の体は軍に入って半年も経たないうちにボロボロになって兵として、使い物にならなくなっていた。

12