水筒 カバー 手作り。 水筒カバーの簡単な作り方|ラミネート・キルティング布で手作りケース!

🙂 娘が通う保育園では猛暑日が落ち着いた来月から外へのお散歩が始まるので、肩掛けできる水筒を揃える必要があります。 そして、カップの持ち手の部分が出る位置に切込みを入れ、周囲をまた縫っていきます。 一般的なミシンでは、裁ち目かがりや細かな山形の縫い目に設定して縫うと同じように布端をきれいに処理できます。

17

🤗 表地の中に裏地を入れて底がぴったりと合うように重ねたら、表地の紐通し部分の余ったところを三つ折りにします。

🙂 レース糸• お気に入りグッズがあると保育園や幼稚園で過ごす時間もきっともっと楽しくなりますよね。

9

♻ 筒は全部縫わないであき止まりをあけてください。 エコ活動の普及などもあり、近年では水筒、マイボトルを持ち歩く方が多くなりました。

🖐 丸く5段編んで、底を作ります。 ただし、スズランテープは硬くて編みにくく、手に負担がかかります。

♥ 紐の80cmの方にDカンを通し、またアジャスターを通します。 なくても可) 布を裁ち処理をします A post shared by tomoyasyugeiten on Nov 20, 2018 at 2:12am PST 水筒カバー用の布を裁ちます。 市販のペットボトルでも、 お好みのカバーをつけることで、おしゃれなマイボトルに変身できますよ。

5

😄 また、洗濯バサミよりもコンパクトで挟む力が強いため、生地がずれにくくなります。

16

🤜 側面生地の下側も、同様に縫い代1㎝を折り目をつけます。

5