吉田 類 酒場 放浪 記。 「心の密」は保ちたい 吉田類さん「酒場放浪記」放送1000回

💢 (文化部 森本昌彦) 当初は番組の1コーナー 《酒場という聖地へ 酒を求め、肴(さかな)を求めさまよう…》というおなじみのナレーションから始まる「酒場放浪記」は現在、ゴールデンタイムに放送される人気コンテンツだが、当初は大人の趣味を紹介する「グッドライフ」という番組の1コーナーだった。

20

🙄 PR 若い人にも支持され、24年には姉妹番組として酒好きの女性たちが巡る「おんな酒場放浪記」が誕生。 94、95歳まで現役宣言 大きな節目を迎え、今後の抱負を聞くと、「放送2000回目を『いっしょに出させてよ』という人もいらっしゃるので、目標は大きく2000回です」と意気込みを見せる。 19年に全47都道府県の酒場を制覇。

❤ これが一番困っています」 PR ときには、店の名前を忘れることすらあるという。 ほとんどいかだに乗っているようなイメージじゃないかなと思うんです」と説明する。 当初は大人の趣味を紹介する「グッドライフ」という番組の1コーナーとして、2003年9月にスタート。

6

✍ かつては店の常連客とグラスや杯を合わせて乾杯する姿が当たり前だったが難しい。

18

🤘 今回は下町酒場の超名店、森下「山利喜」へ。お店で待っていたのは「おんな酒場放浪記」でもおなじみの倉本康子。記念すべきスペシャル回の進行役として吉田とともに番組を盛り上げる。さらに、放送創成期の貴重映像をはじめとした名場面や珍場面、著名人からのお祝いコメント、倉本と繰り広げられる裏トークなど見どころ満載! 相当量を飲むのでどうしても記憶がなくなっちゃうんです。

♥ 「思い出と言えばキリがないですが、特番は記憶に残りやすいですねぇ。

7

⚐ このblog「酒王」は、新しい技術である味香りのナビゲーション手法も参考にしながら、全国のお酒に関わる方々を中心に取材し、消費者視点に立った本物の味、新しいお酒の楽しみ方などを、全国の蔵元や酒場を訪ねながら探求していくという徒然なるままの求道の旅です。 これだけ長く愛される番組となった理由について、吉田さんは「仮に僕に理由があるとしたら、僕は自分を飾らない、作らないんです。

5