徳川 御 三 卿。 徳川御三卿は御三家と違い大名ではないんですよね。御三卿は跡継ぎ...

😝 が従三位・中将、が正四位下・宰相である。 また、徳川御三家へ後継者を供給することにもなった。

10

🖐 また将軍家の分家としては、上記3家および駿河家以外にも、3代将軍の子を分封した(・の2代、松平左馬頭家)および(、松平右馬頭家)が、石高・家格ともに匹敵する家(御両典)として存在した(他に将軍家からの直接の分家で高い家格を有したものに、家康の子(秀忠の兄)を祖とする、秀忠の子(家光の弟)を祖とするなどがあったが、それらは徳川姓を許されていない)。

17

🤑 「寛政の改革」を行なった人物として知られており、老中としての評価は賛否両論ありますが、江戸時代最大規模の飢饉「天明の大飢饉」の際には、藩政の立て直しと領民救済に尽力し、領内からは餓死者をひとりも出さなかったことで、藩主としては高く評価されています。

🙃 その中でも御三家のであるは藩政目付役の重責を負って幕府から派遣された将軍直臣 (じきしん)の扱いで、大名の家臣が通常 (ばいしん)扱いだったのとは一線を画した。 その方針のもとに譜代大名のところに養子にやられた一人が、田安家出身の松平定信です。

7

👋 秩父宮妃節子妃殿下は、松平容保公の子孫で孫にあたります。 これをやった中心人物のひとりが田沼意次であるといわれています。 徳川昭武 徳川昭武は清水徳川家6代当主で、のちに水戸徳川家11代藩主となった人物です。

4

😝 8代吉宗の次男 宗武「 田安徳川家」 8代吉宗の四男 宗尹「 一橋徳川家」 9代家重の次男 重好「 清水徳川家」 この三つの家系を 「御三卿」と称しました。 江戸時代を通して将軍の家族・身内扱いであったが、後は新政府よりそれぞれ独立した一家として認められた。

7

💔 の息子で養子に出た定国()、定信()の息子たちに田安家に養子入りした斉匡の娘たちとの縁組がありました。

12