レイン ツリー の 国。 有川浩『レインツリーの国』ネットから始まる恋と彼女に隠された秘密。

🤫 「会えない」というひとみ。 中学生の頃に読んだ『フェアリーゲーム』の感想をインターネットで探していて、「レインツリーの国」というサイトにたどり着く。 ・映画では(観たい映画を変更してでも)字幕がいい・・。

14

👊 結婚した同期ちゃんおめでとさん。

19

✆ ネットでつながった2人。 一緒に買い物をした後「次」の約束をする「ひとみ」に伸行は胸を撫で下ろす。 障害がそんなに偉いんか。

7

👍 「図書館戦争」シリーズ、『県庁おもてなし課』『植物図鑑』『空飛ぶ広報室』などで知られるベストセラー作家、有川浩が手がける恋愛小説『レインツリーの国』は、映画初主演の玉森裕太(Kis-My-Ft2)、実写映画初出演の西内まりやというキャストを得て、2015年11月21日に映画公開される。

19

😄 伸行の積極的な態度にひいてしまうこともありましたが、これぐらい踏み込んでやっと人と人って本当に繋がるものなのだろうなぁ。 伸行は、「ひとみ」の物事の捉え方、感性、表現の仕方に惹かれたのだ。 元々は架空の恋愛小説 『レインツリーの国』は、「図書館戦争」シリーズの第2弾として2006年に刊行された『図書館内乱』の作中に登場する架空の恋愛小説のタイトル。

12

🙃 いろいろ打ちのめされた。 感じるハンディキャップに頑なになる「ひとみ」だが、伸行の勢いに押されるまま、もう一度会うことを約束した。 ひとみの、あの頑なさから、伸くん、よく逃げなかったよなあ。

13

👉 ミサコ -• パソコンの中に作ったブログ「レインツリーの国」は、唯一、耳のことを負担に思わずに、自由にのびのびとふるまえる場所。 レインツリーの国はひとみの成長期としても読むことができるのです。 僕の望みは、 「一周目の人生を、そっくりそのまま再現すること」だったんだ。

2

😒 映画後、エレベーターに「ひとみ」が乗り込もうとしたところで重量オーバーのブザーが鳴った。

16