ヒラタ ブンブク。 ヒラタブンブク

🖕 特徴: ・殻は薄い。 一見の価値有り。

🚒 形はふっくらと高 さがあって、楕円形をしているのが特徴だ。 水深45mの記述も有り。

13

😩 目撃例は少ないらしく、図鑑などで調べても詳しい説明が記載されていません。

11

🤝 と言っても、横に 大穴が開いているし、ちょっと漂白し過ぎて 口の周辺が取れてしまった(泣)。 とは言って も、小さすぎて食べようがないけれど。 2 COMMENT• 刺されたり・・・などの情報はないため、おそらく刺されても平気かと思います。

5

🤟 つまり、ウニの仲間です。 ・走る理由は、天敵の貝から逃げるためにそのように進化したとの説がある。 外敵に襲われる危険が少ないため、殻 がほかのウニよりも薄くて脆い。

5

💖 大山さんは「30数年漁をしているが、初めて目にした生きもので最初は椰子の実の小さいものかと思った。

📲 夜行性で昼間は砂に潜っているが、潜んでいるところは砂が盛り上がっていて、 注意していればダイバーにも分かる。

4

⚛ 完全に 乾いたものは、もう少し明るい感じの色だ。 種類によって体の 大きさや形、トゲのの長さや色などに違いがあって、けっこう個性的。

👀 マダラウニは南方系の種類出、サンゴ礁域で はさほど珍しくないようだけど、手持ちの図 鑑によれば、相模湾では「稀」とのこと。 ヒラタブンブク ヒラタブンブクはウニの仲間で、この辺りも生息域に入るため分布としては珍しくはありませんが、水族館の職員でもあまり目にすることはなく、一般の方々にはほとんど知られていないようです。