餅 おばあちゃん の 物語。 プロフェッショナル 仕事の流儀 餅ばあちゃんの物語 ~菓子職人 桑田ミサオ

🐲 笹の香りが餅に伝わって、ほどよい甘さが優しい味わいの笹餅。 儲からなくていい主義でずっと愛され続けている。

⚐ 毎週出会うプロフェッショナルたちに自分も成長させてもらいながら、より深みのあるナレーションにしていけたらと思っています。 変わってあげたい」という。

9

⚠ ふるいに残った皮は、ミキサーにかけます。 火にかけ、砂糖を混ぜ合わせたら40~50分ひたすら木べらで混ぜ続ける• 桑田ミサオの経歴 桑田ミサオさんは、本州の北端・津軽半島の日本の原風景が残る美しい土地で30年以上、たった一人で一年間に5万個の笹餅(ササ餅)を作り続ける職人です。

7

🚀 けど、強欲にならず、人々の為に何かをしようとか、まじめにコツコツ生きようとか。 調べてみると、桑田さんは毎週月曜と金曜日に笹餅を作り、翌毎週火曜日と土曜日に地元のスーパーに卸し 販売しているようですね。

4

🙃 桑田ミサオさんが笹餅を津軽鉄道の車内で民謡を歌いながら販売すると口コミで広がり、笹餅の味も大評判となったことから、スーパーから「笹餅を売らせてほしい」と要望があり、75歳で起業しています。

👆 お母さんも苦労されて疲れていたはずなのに、ミサオさんにそう言ったというんですわ。

13

🤫 当然、笹餅に身が入らず。

7

🐲 ミサオおばあちゃんの言葉ひとつひとつが人生の格言 昔、祖母もお餅のために山に笹を取りに行っていたのを思い出した。

19