サウナ コロナ 感染。 温泉施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第2版)

🤟 新型コロナウイルス感染者の皮膚からはウイルスを分泌しない 感染者の皮膚表面からはウイルスを分泌しませんが、 トイレの衛星状態が不十分だったり、咳・くしゃみ・痰など、そして糞便から皮膚に付着する可能性があります。 いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。

😊 熱いサウナが皮膚のウイルスを破壊する可能性は非常に高いですが、 まだまだ明確な情報はありません! 代わりに、石鹸で皮膚を洗いシャワーで流すと、皮膚上のウイルスが取り除かれることはよく知られていますね。 ・換気の配慮を常に行う。

3

📱 ・特に共有して手などが触れる場所に注意し消毒を行う。 ・可能な限り、お茶の急須・どびん、水のピッチャー、ご飯のしゃもじなど食器を共用しない。 サウナ利用客の状況 スーパー銭湯に限って言えば、施設利用客は非常に減っています。

2

👊 国が提唱する『』に基づいて、対策することが大事なことが分かります。 日ごろサウナや銭湯でリフレッシュしている方、自宅にバスルームがなく銭湯を利用せざるを得ない方からすると、サウナ・銭湯を控えることは死活問題に近い状況ですよね。 。

🐾 また、予約客など概要がわかっている場合には、客室でのチェックインやスマートフォンなどのチェックインなどオンライン化に切り替えてもよい。 サウナでのマスクは苦しくない? では、サウナでのマスクは苦しくないか?感覚的には、息苦しそうに感じますよね。

9

☘ しっかり手洗いを行なう。 できなければ、従業員が取り分け、利用客どうしの食物や食器での接触の機会を少なくする。 こういった情報を得ることで 「湯船に浸かって、今日はサウナを我慢しておこう」などといった対策もできますね! コロナウイルス感染が落ち着くまで、サウナは諦めて湯船だけに浸かるのが良さそうですね。

3

👆 日本サウナ学会でもサウナ施設向けのガイドラインを策定、公開しました。 ・ドライヤーなどの定期的な清拭・消毒、アメニティなどの清潔保持。

1