マクゴナガル。 シビル・トレローニー

⚡ 2016• 魔法評議会委員長も務めており、「ヒトたる存在」を「ヒトの言葉を話すもの」と規定して会議を開いたが、簡単な言葉のみを話すトロールが会場を破壊するなどして再び成立しなかった。 作中でトレローニーがトランス状態に陥るのは2回あり、1回目は、彼女が教員に採用された際、ダンブルドアのまえで「を倒す者が7月の終わりに生まれる」という予言を、2回目は第3巻で、ハリーのまえで「がヴォルデモートのもとに戻る」という予言を残す。

16

🙂 また、ハリーに対してはつねに死や不幸を見いだすことから、ハリーは彼女の授業を非常に嫌う。 過去の教師・職員 [ ] ガラテア・メリィソート アーマンド・ディペットが校長であったころの闇の魔術に対する防衛術の教授であり、同教科を約50年のあいだ教えていた。

⚐ 尖った山羊ひげが特徴。 二秒後にはフィルチが息を切らして飛んでくる。 危険な珍獣や猛獣ほど飼いたがる傾向があり、みずから交配して尻尾爆発スクリュートを作り出す場面もある。

16

⚐ 生徒をコレクションのように捉える傾向があり、そのなかでも気に入った生徒を選び、彼らに自分が影響を与えたと感じることを楽しむ。

13

🎇 1995• 英国 , 外国 1964• ポモーナ・スプラウト 演 - (映画版) 日本語吹き替え - (映画版) 担当教科は薬草学。 ちなみに、なんとハリーポッターの作者であるJ. 生徒には避難の指示を出し、成人の学生の戦闘を許可する。 ダンブルドアからの信頼も厚く、彼の生前から不在の時には代理で校長も担い、ヴォルデモートが倒れた後に正式に校長に就任した。

16

😊 しかし、マグルの父に持っていて、反マグル主義の同僚とはソリが合わずになじめないこともあり間もなく退職し、希望していたホグワーツ校の変身術の教師となる。 クルックシャンクス、わたしたちはこれからもあなたのことが大好きです。 タロットカードによる占いを2回行ない、物陰に隠れるハリーの存在と、ダンブルドアの死を言い当てる。

8

🌭 頭脳明晰で身体能力も高く、第1巻では魔法のチェスの仕掛けを作る。 唯一の欠点 については熱くなりすぎるところがあり、1年生はチームに入れない規則を捻じ曲げてハリーをシーカーに任命、高性能な箒であるニンバス2000を個人的に贈与、試合が近づくと宿題がゼロになる、反則行為を見せた敵チーム(もちろん生徒)に罵声を浴びせる等々、時として教師の本分を見失うこともある。

7

😀 10月4日は ですが、 ではホグワーツの現校長、ミネルバ・マクゴナガル先生の誕生日🎉趣味は刺繍、「変身現代」の記事の訂正、クィディッチ観戦です😊おめでとう! ホグワーツ城の戦いでは、呪文を発動させて、石像の戦士たちを操る。 ひっつめ髪と四角い眼鏡、タータン・チェックが特徴。 ゴブリンの血を引いているために非常に小柄で、授業を行うときは机の上に本を積み上げて立つ。

🤑 リドルはスラグホーンと会話する以前に、すでに概要を知っていたが、スラグホーンはリドルにこれを教えたことを悔やみ、自身の記憶に干渉して事実を隠していた。 6つ上の双子の兄弟(イアンとアリステア )がおり、二人は建築士である。 魔法界において血に飢えた「凶暴な人種」として差別されている巨人族である自分を受け入れ、後述の事件においても無実を信じ、機会を与えたには絶大な信頼を寄せており、ダンブルドアを侮辱する者はいかなる相手であろうといっさい容赦しない。