中国 無人 探査 機。 中国の無人探査機、月面から発射 採取した土と地球へ:朝日新聞デジタル

🙏 net 月面セットこさえる金があるなら、食料買わんかい。 中国は去年、電波が直接届かないため地球との通信が難しいとされる月の裏側への探査機の着陸を世界で初めて成功させるなど、月の探査計画を宇宙開発の重要な柱としています。

✊ だが着陸地点はどこでも良かったわけではない。

6

🤫 中国による月面着陸は紛れもなく科学的な成果」と引退したNASAの宇宙飛行士マーク・ケリー(Mark Kelly)氏は1月4日(現地時間)、。 まとめ 今回は「中国無人探査機が月の土壌採取成功の動画!」というテーマでお送りしました。

😚 ケリー氏は極めて愛国的な宇宙飛行士として知られ、。 これが成功すれば、中国は米国と旧ソ連に続いて、月面の試料採取に成功した3カ国目の国となる。 中国国家航天局によれば、試料が地球に届けば、科学者は月の土壌の構造や物理的特性、物質組成の分析が行えるようになる。

🐝 今月中旬に地球に戻る。 着陸船と探査車は月の地質の調査、氷の探索、放射線の調査、さらにはカイコの生育実験などを行う。 今回の嫦娥5号は、着陸した探査機周辺の土壌などをロボットアームなどを使って採取。

3

🙂 中国国家宇宙局によると、3日午後11時10分(日本時間4日午前0時10分)、月で採取した土などを収容した無人月探査機「嫦娥(じょうが)5号」の小型機が月面から発射され、その後、月の周回軌道に入った。

13