南海 トラフ 予言。 火山学者が戦慄する「すでに富士山は噴火スタンバイ」という現実(鎌田 浩毅)

✔ まったく同じ警告を発していた米の霊能者シルビア・ブラウン slyvia browne さて、たつき諒さんの予知夢に関しては、アメリカのサイキックである 故シルビア・ブラウン女史の予言とそっくりだという声が上がり、ご自身でも確認されています。 仮にこのようなことが21年の8月に起きるとしたら、「2022年の東京に異常に人が少ない理由」も、説明がつくというものです。 しかし、日本が先進国に仲間入りし、グローバル経済が進んだ現代ではそうはいかない。

🤐 私個人の見解ですが、 多くの人が「こんなところでは生活できない」と考え、東京に見切りをつけるのではないか。

✋ 引用: 南海トラフ地震、ラニーニャ現象が終わる年が危ない? 大阪北部地震は、震度6弱の揺れながらも直下型地震であったため被害規模が大きく、大阪府を中心に2万7000棟を超える家屋に損傷が生じ、4人の死者まで出るという痛ましい結果が残りました。

9

🖖 しかし、予言された時間帯に南海トラフ地震が来ることは無かった。

11

👎 地震,予言,災害 の情報があります。 東西南北への水平方向の変動だけでなく、上下方向の隆起・沈降も観測しているのです。 南海トラフよりも東京に近いところで、このような巨大地震が起きれば、東京湾も高さ3mでは済まされず、大津波が防潮堤を超える恐れも出てくる。

18

🖖 2020年の夏季オリンピックの開催地が東京に決まった。 11テロ」、「四川大地震」といった歴史的な大事件や大災害を予言的中したとされている。 もし本当に松原氏の懸念が現実のものとなり、2020年に東京オリンピックが開催されないとすれば、それはどんな要因だろうか? 冒頭に書いた、数年内に予言・予測されている自然災害といえば、まずは「南海トラフ地震」がある。

12

📞 その事実確認も兼ねている。