フルーツ トマト。 【フルーツトマト】 濃厚な甘さと旨みは、まるでフルーツのよう | 文旦屋・白木果樹園<公式>

👀 (織田トマトは、大玉トマトの『桃太郎ファイト』という品種を選んでフルーツトマトに育てています) 栽培方法のポイントの一つは、「水分調節」。 フルティカは、中玉トマトの他の品種よりも、大玉になりやすい品種特性を持つため、大玉トマトで解説したように、高糖度化しても収量がでやすく、また、葉カビ病への抵抗性もありオススメです。

🐲 一般的には通常のトマトの糖度は3度から5度ぐらいですが、フルーツトマトの糖度は7度から10度くらいまでになります。 普通のトマトよりも酸味があり、味が濃く感じられます。 また、 徳島の特選ブランドに原田トマトが認定されています。

😜 温厚な気候 太平洋の風と南国の太陽の恵みを受けて育つ、高知県産フルーツトマト。

9

🚒 品種特性として果実が大きいという事は、高糖度の品質にしつつ、収量を確保するなかでは、非常に大きなアドバンテージとなります。 また、子供や消費者の皆様に安心と健康をお届けするため、有機肥料でトマトを育てています。 与える水分の量を調節することで、元々は大玉トマトや中玉トマトといった品種のトマトが、小ぶりで糖度が高いトマトに育つんです。

🖕 2、中玉トマトを高糖度化する場合は、大玉トマトに比べると、尻腐れ果の発生は非常に少なくなります。 温室栽培で手間をかけ、水やりや温度管理、肥料などに神経を使って栽培しています。 トマトたちが教えてくれるサインを頼りに、「私たちが自信を持ってお届けしたい!!」と思えるトマトだけを選び、大切なお客さまにお届けしています。

5

😍 また、もともとの果実が小さく糖度も高いため、8度程度を越える果実の生産が大玉トマトよりも容易となります。

2