無聊 を かこつ。 【無聊を慰める】の例文集・使い方辞典

♥ 君、僕は知つてゐるよ。 … 種村季弘『食物漫遊記』 より引用• … スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』 より引用• … 阿刀田高『異形の地図』 より引用• 〉 愚痴る。

1

👌 イタリアの数学者カルダーノが1550年に書いた本でチャイニーズリングを論じている。 なおも店の拡張を計って天の冥護に離れ、人の同情を失えばどうなるか。

15

👎 英国では諸方に聖者が祀られているが、カンタベリとウォルジンガムがもっとも有名で、巡礼者が信心のためよく行くところであった。 が、二日目からは本当にやることがなくなった。 佐竹は君に何かこつそり相談したことがありはしないか。

16

🌏 … ジョイス/飯島淳秀訳『若き日の芸術家の肖像』 より引用• 「気晴らし」は、憂鬱なできごとを、別のなにかを考えたりしたりすることで、一旦回避すること。 … 虚淵玄『鬼哭街』 より引用• 新聞班長から情報部長になった佐藤賢了と、政治情勢を語ることもあったが、東條は、政治の世界には疲れたというのが口癖であった。 つまり、一定期間後には、再度根本的な問題と向き合う必要があります。

11

😊 「無聊を慰める」は、憂鬱なできごとがあったので気持ちを紛らわせる、という意味でしたね。 こう繰り返し繰り返し、かこちながら身の不運をなげきつづけました。

4

☕ presented by 日本語は世界にも稀なる横滑り型言語なので、語源学的にも論理的にもあり得ない言葉の使い方が多すぎて、改まって取り上げて客観的考察を試みれば、大抵の人々(日本人であれ外国人であれ)の反応は「まさか、そんな馬鹿な!」・「何言ってるんだ、こいつ!」となる。

2

💙 「無聊を託つ」の類語や類似表現や似た言葉• 落ち葉から出た火は茶室を焼き、渡り廊下を伝って日向の居室に引火したのだ。 俗化どころか、どぜうは新世代を前にして衰勢をかこつ一方なのだ。 ところが外側に積み重ねたロッカーなどのバリケードのため扉は外側に倒れない。

1

💓 仕事がなく 無聊 ぶりようをかこっている松久は、食うために易者の真似事を始めた。 交友として 無聊 ぶりょうを慰める相手にはなるだろう。

19

✔ 2 〈(相手が悪いのだと言うように)不満な態度を示す。 つまり、問題は停滞しており、あとで同じ問題に直面しなおす必要があります。