白色 ワセリン 副作用。 ワセリンには副作用がある?粘膜への使用や効能、赤ちゃんへの使い方などを紹介

💅 使用する際は、それぞれの特徴に合わせて塗る場所やコスト、用途によって使い分けるといいでしょう。 肌が敏感な方や、肌が弱い乳幼児といった場合には、プロペトではなくサンホワイトが使用される場合もあります。 日本では、1955年9月から販売が開始されました。

18

☘ また、皮膚保護剤として用いる。 眼科用軟膏基剤、一般軟膏基剤として調剤に用いる。

17

👋 6.白色ワセリンの使用期限はどれくらい? 白色ワセリンの使用期限って、どのくらいの長さなのでしょうか。 なので、鼻の中に塗るのであれば、プロペトの様に精製度の高い物のほうが良いように思います。

11

⌛ 「家に数年前に処方してもらった白色ワセリンがあるんだけど、これってまだ使えますか?」 このような質問は患者さんから時々頂きます。 例えばステロイド軟膏を使って皮膚の炎症反応を抑えてあげたいという時、ステロイド単体で使うのも手ですが、ステロイドに白色ワセリンを混合すればステロイドを薄めて副作用を軽減させつつ、保湿効果やバリア効果も期待する事ができます。 ・プロペト 白色ワセリンを原料として、さらに精製されたものです。

12

🌏 それぞれの違いは主に精製度によるもので、 白色ワセリン(ヴァセリン) < プロペト < サンホワイト の順で精製度が高くなっています。 一度このような保湿効果を期待する製品を手にした際には、成分表示を確認してみましょう。

7

😆 白色ワセリンは「軟膏」という種類の製剤になります。 白色ワセリンは安価でありながら保湿効果や保護効果、傷の改善などにとても優れた効果をもっており、先にも説明したように最も一般的に使用されるワセリンです。

13