いすゞ ギガ 新型 ハイルーフ。 いすゞ、大型トラック「ギガ トラクタ」を改良

✇ (02月12日)• 踊り場のデッキ材はアルミのパンチングメタルに変更し、滑りにくくし足元の粘り率を高めています。 5インチに変更 GVW22t;20t車は従来どおり。

🤚 (02月12日)• 、を単車系の一部車型に、後輪スーパーシングルタイヤを一部車型にそれぞれオプション設定した。 (02月15日)• ただし、をする等の改良をおこない、低中速のトルクを向上させている。

5

👏 オートマってもう左手フリーが当たり前みたいなところあるじゃない! タイヤ空気圧モニタリングシステムをオプション設定している他、安全装置の作動状況や使用状況を報告するセーフティドライブ報告機能も装備している。

💖 ドライバーにとって大型トラックのキャビンは、いわば日常のオフィスであり、生活空間でもある。 そこは華麗に自分でシフトダウンして欲しいところかな。

😚 一般的なトラックのシートからイメージされるものとは明らかに違い、体がシートと密着し、腰を支える感じが高まった。 ラインアップ [ ]• さらに、いすゞ独自のクラウド型運行管理サービス「MIMAMORI」に車両コンディションの項目を拡充。 他車を1段上から見下ろせる腰の高さの割に、改良されたキャブサスのおかげで、トラクター独特の揺れは抑えられていると感じました。

6

☯ ミリ波レーダーの検知角度が広角化したおかげで、ACCを使用しているときの割り込みも早い段階で検知できるようになった。 :単車系をマイナーチェンジ。

😛 ハイビームの電子スイブル機能までも採用しているのは新型ギガだけだ。 車検証見て、びっくりしたからね。 :トラクタをフルモデルチェンジ。

12

👀 6WF1型エンジンは廃止。

🤩 IESCを単車にも展開。 いすゞ自動車 藤沢工場• 着座姿勢がしっかりすることで疲労が大幅に軽減されるわけだ。

2