プッシュ ダガー。 アサシンダガー (あさしんだがー)とは【ピクシブ百科事典】

😈 ブレードのロック機構は故障の原因と製造コストが上がる為に無く、ドライバーは小銃の分解整備に使用され、ブレードは耐久性に優れその強度は墜落した航空機の機体に穴を開けて脱出するのに利用された。 また今日の文明社会においても、ツールナイフのような汎用性の高いナイフが一本あるだけで、他の器具を使用しなくても目前の問題を解決できる局面は多いでしょう しかし同時に、ナイフは武器としても使用でき、現在のような文明社会に於いては危険な凶器と成り得る事も事実です。 インドがイギリスの植民地となって以降は装飾品としてヨーロッパに多数が輸出され、特に、のブンディではから19世紀にかけて、金箔をふんだんに使って豪奢に装飾したものが作られ、にで開催されたでも「ブンディ・ダガー」の名称で展示された。

14

⚡ Stinger CQCは昨年設立された新しい会社だ。

11

✔ そうした用途に応じてシートベルトカッターがあります。 [ ] ロールプレイングゲームの『』シリーズや『』シリーズには「カタール」として登場する。 切断用刃物としては一つの刀身に2つの刃を付けるという構造上、鎬を刃が片側のみにある刃物と比較して狭い場所に付けざるをえず結果、鋭角に刃を付け辛いため切れ味を確保した刃物が作りづらいという難点がある。

9

✔ D ロック機構 Locked Folding Knife ロックドフォールディングナイフ フォールディングナイフにロック機構を備えたナイフをロックドフォールディングナイフと呼び、ロック機構を備えたナイフは使用時の安全性が増す。 なお、前述の定義に当てはまらない場合でも、諸刃の刃物にダガーという商品名が付けられる場合もある ではの(後述)を契機に「ダガーナイフ」という呼び名がを中心に多用されているが、は汎用の刃物一般で、ダガーは武器としての刃物の形質を示すため、本項で扱われているを示す場合には、単に「ダガー」と呼ぶのが正しい。 などしてくださる(/)。

20

♨ ナイフ投げが広まった由来ついては、兵士がベースキャンプでナイフを投げて遊んでいたのを起源とする説が最も有力であり、ダーツの起源もこれを由来とする説が有力なようである。 輸出用に、実際に戦争や儀礼で使われた伝統のない創作品も多数発明された(後述の項を参照)。

🤛Survival Knife 軍事行動中において遭難などで他の装備を失った場合、生命の危機から何とかして生き残る目的で設計された大型のシースナイフ。

5

🙌 このほか、銃剣の機能を備えたサバイバルナイフも見られる。 日本では実用性はなく、サバイバルナイフと同様ナイフコレクターのコレクション対象としてのみ販売されている。

😝 使い方は刃を内側に向けて持ち、親指と刃の間に花の茎を挟んで引きちぎるようにして使います。

6